東京精密 社製

 円の内外径や、平面度、平行度、直角度、位置度などの幾何学公差を求めることができる。 これらの検出値は接続された電子計算機で演算処理される。

 

日本電子 社製

 試料の表面状態、形状,組織,化学組成を調べるのに適しています。微小領域の定量分析ならびに元素二次元分布マッピングを行うことができます。

 

日立ハイテクサイエンス 社製

 試料にX線を照射して試料を構成する元素の種類や含有量を調べる装置です。 非破壊で固体、液体などの元素分析ができ迅速に分析できます。

 

日立ハイテクサイエンス 社製

 二層めっき、三層めっき各々の膜厚の同時測定や合金皮膜の膜厚・組成同時測定も可能です。極微小部を最高精度で測定。

 

オリンパス 社製

 非接触のためサンプルを傷つけることなく、観察、検査、測定が可能です。また表面状態に影響されず、正確な粗さ測定が可能です。

 

キーエンス 社製

 25~3000倍までの測定が可能です。また撮影した試料の3D観測をする事が出来ます。

 

アカシ 社製

 硬さ値自動算出が可能なデジタルタイプです。微小領域のビッカース硬さ試験が出来ます。

 

三菱化学アナリテック 社製

 水中の有機物を有機体炭素の総量(炭素量)として測定する分析機器。

 

日立製作所 社製

溶液濃度、物質の特徴、分子構造を調べる事が出来ます。

 

スガ試験機 社製

 金属材料またはめっき皮膜・塗装皮膜を施した部品・製品の耐食性を 評価する試験機です

 

イマダ 社製

 樹脂素材とめっき皮膜との密着強度を測定する試験機です。

 

A&D 社製

 個体や半固体(液体や固体が混ざっている状態)の粘度を測る装置です。

 

大塚電子 社製

 幅広い濃度範囲で、粒子径・粒子径分布測定を行います。

 

エスアイアイ・ナノテクノロジー社製

 高周波誘導結合プラズマ(ICP)を光源とする発光分光分析法である。試料溶液を霧状にしてArプラズマに導入し、励起された元素が基底状態に戻る際に放出される光を分光して、波長から元素の定性、強度から定量を行う。

 

エスアイアイ・ナノテクノロジー社製

 【熱重量測定 TG】
熱重量変化(質量の変化)TGは、試料の温度を一定のプログラムに従って変化させながら、その試料の質量を温度の関数として測定する方法

【示差熱分析 DTA】
DTAは、試料を加熱または冷却した際に起こる物理変化や化学変化に伴って試料内で発生する熱変化を基準物質(Reference)との温度差として検出する手法